ごくらくちょうの評価・ステータス【DQMSL】


entrytopimage3

こんにちは!YASUです!

実装当初はベホマラーが強烈で、当たりだと言われていたごくらくちょうですが、今はどうなのでしょうか。

果たしてまだ輝く場面は残っているのか、はたまた普通に使えるモンスターなのか気になるところですよね。

今回は、そんなごくらくちょうの評価やステータスについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ごくらくちょうの評価

gokurakucho-hyoka

リーダー特性は「全賢さ10%アップ」ということで、呪文パのリーダーにすると良いです。

特性は「ひん死で会心」と「みかわしアップ」で、被弾を減らせるのは嬉しいですね。

耐性面ではギラが弱点ではあるものの、マホトーンが無効なのでベホマラーを封じられないのは良いポイントです。

ステータス面では特に突出した部分はなく、どれも平均的な数値となっています。

回復要員にするなら、もう少し賢さと素早さにステを振ってほしかったところです。

とくぎ

特技には「ベホマラー」と「しんくうは」の2つを覚えます。

ベホマラーは言うまでもなく優秀な回復技ですよね。

賢さもある程度あるので、そこそこの回復量が見込めます。

しかしMPが低いのあまり使えないのがネックです。

そしてしんくうは敵全体に対するバギ体技で、物質系に対しては効果的です。

ただし、消費MPが多いのでベホマラー要員としての起用が多いごくらくとの相性はあまりよくないかと。

スポンサーリンク

おすすめとくぎ

使いやすい無難な編成にするなら「ベホイミ」と「ライデイン」を引き継ぐのがおすすめです。

消費MPの軽いライデインで攻撃、そしてベホイミで小回りのきく回復といった感じですね。

究極転生へ行くなら、今でもこの特技編成で十分活躍してくれますよ!

総合評価

突出した部分がなく、パッと見優秀に見えるごくらくちょうですが、言い換えれば強みもないということですね。

ただし、それは無星の話であって星4+4にすればまだまだ活躍の場はあります。

もし回復要員に困っているなら、まだまだ回復ポジションを任せても良い1体です。

まとめ

Sランク実装が遅かっただけに、まだなんとか使い道の残っているモンスターです。

最近ではSランクでも優秀なモンスターがたくさん出ているので、新生転生などに期待ですね。

回復のコツがつけば、かなり化けると思うのでそこに期待しましょう!

ハンターの皆さんへ

3でラスボスだったアマツも復活してるみたいですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)