邪眼皇帝アウルートの評価・ステータス【DQMSL】


entrytopimage3

こんにちは!YASUです!

ゲルニック将軍の究極転生先でSSランクの「邪眼皇帝アウルート」が同時追加されましたね。

“邪眼皇帝”といういかにも強そうな名前がついてますが、一体どれほど強いのか気になるところです。

今回は、そんな邪眼皇帝アウルートの評価やステータスについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

邪眼皇帝アウルートの評価

jagankoteiauroot-hyoka

リーダー特性は「呪文ダメージ15%アップ」ということで、より呪文パのリーダーとして強力になっています。

特性は「いきなりインテ」と「AI1〜2回行動」と、転生前から変わっていません。

耐性面もザキが無効になった以外は変わっていません。

ステータス面では相変わらず素早さと賢さが高く、MPが300近くまで伸びているのでより呪文アタッカーとして使いやすくなっています。

欲を言うなら、AI2回行動くらいへの変化は欲しかったですね。

とくぎ

特技には「バギクロス」と「いてつくはどう」の2つを覚えます。

バギクロスはバギ系特大呪文ダメージで、いきなりインテの邪眼皇帝アウルートが使うことでさらにダメージを出せます。

そして、何よりいてつくはどうが強力です。

相手の状態変化を全て消し去るのですから、バフばかりかけてくる敵が相手だとかなり強烈ですね。

現時点(2015.10.2)では、まだエスタークとゾーマという魔王のみの特技なので、これは貴重な1つとなりそうです。

スポンサーリンク

おすすめとくぎ

転生前の特技が優秀なので「ドルモーア」と「ぶきみな光」を引き継がせて全然オッケーです。

バギとドルマの攻撃呪文と、ぶきみな光といてつくはどうでサポートという、呪文パーティーに1体は欲しいポジションのモンスターの完成です。

総合評価

いてつくはどうが魔王系以外で使えるようになったのが大きいですね!

それ以外の部分も安定して呪文主体のモンスターですし、呪文パを分厚くしてくれそうです。

ただ防御がかなり低すぎるので、生存率の低さがネックといったところでしょうか。

できれば星つけをして、その点を補っていけると理想ですね。

まとめ

とうとう魔王以外のいてつくはどう持ちが出ましたね!

色々と活きてくる場面が増えると思うので、今後の展開が楽しみな1体です。

引けたらぜひ呪文パメンバーとし使ってあげたいですね!

転生前のゲルニック将軍についてはこちらで紹介しています。

ゲルニック将軍の評価・ステータス【DQMSL】

ハンターの皆さんへ

3でラスボスだったアマツも復活してるみたいですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)