「彼女は最後にそう言った」がサスペンス小説っぽくて面白い


entrytopimage3

こんにちは!YASUです!

いつも「面白そうなアプリないかな〜」と、App Store覗いてます。

決して暇人じゃないですよ!w

するとあらあら、トップ10に面白そうなアプリがあるじゃないですか。

その名も「彼女は最後にそう言った」。

アイコンがドット絵で、ゲームボーイ世代の私の心をくすぐるんですよね。

しかも、タイトルがなんか意味深だし。

ということで、今回は私がちょっと気になるアプリ「彼女は最後にそう言った」の紹介です。

スポンサーリンク

彼女は最後にそう言った

説明

物語は『一通の手紙』から始まる

「祭りの夜には お面をつけて
死者が この世界に もどってくる」

これは ぼくの村に伝わる 不思議な言い伝えだ。

でも ぼくは そんな言い伝え
ぜんぜん信じちゃいなかった。

そう…
あんな手紙が ぼくのところに 届くまでは…

 

はい、説明を読むと完全にホラー臭が出てます。

ビビりなんですけど、果たしてプレイできるのか不安です。

まぁ内容を簡単に説明すると、4年前に死んだ同級生から手紙が届き、その謎を解き明かしていくという感じですね。

しかも、どうやら同級生の命日である8月14日が、ずっとループするそうです。

なるほど、タイムループ系ですか。これはサスペンス要素がかなり期待できますね。

実際にプレイしてみる

まぁ物は試しということで、実際にプレイしてみました。

プレイ画面はこんな感じ。

kanojoha-saigoni-souitta2

kanojoha-saigoni-souitta3

もろゲームボーイですね。ゲームボーイカラーです。

最初の頃のポケモンとか、こんな感じで白黒だったんですからね。今考えると驚きですw

移動の方法は、十字キーを押すとかじゃなくて、タップした場所に主人公がサッと移動するようになってます。

なので、動きはめちゃくちゃ軽快です。

動きも良いし、スタミナ的な概念も無いみたいなんで、これはかなり好感が持てそうです!

ちなみに、簡単なストーリーはこうなってます。

※ここから先は多少のネタバレ含みます!

主人公は東京の学校に行っていて、お祭りの日に地元に帰ってきています。

でも、そのお祭りの日は同級生の女の子が亡くなった日で、主人公の誕生日でもある。

そして、主人公の元に死んだ同級生から手紙が届き、その手紙で指定されている場所へと向かうというもの。

ですが、その目的地へ向かうも誰にも会えず、次の日に目をさますと、また同じ祭りの日が繰り返していて、ループしていることに気付く。

もしかして、これは何かのメッセージや使命なんじゃないかと主人公は思い立ち、自分が前に進むためにも同級生の死の真相を探ろうとすることに…。

という感じですね。

うん、ループ系サスペンスっぽいです。というかそうでした。

要約するとこんな感じのゲーム

  • スタミナ概念は無し
  • サスペンス小説のようなゲーム
  • ミニゲーム・やり込み要素あり
  • 音楽が懐かしい感じがしてGood
  • 画面はずっとドットのまま

まだ、序章しか終わってないんでよくわかりませんが、今のところはこんな感じです。

ただ、ストーリーは結構しっかりしてそうなんで、かなり期待が持てます。

なんか、小説を読んでいるようなイメージのアプリですね。

サクサク進められるのがとても好感が持てます。

まとめ

なんか、本当に小説をゲームっぽくした感じのようなゲームです。

とにかくスタミナ概念がないんで、こういうストーリーを楽しむ系のアプリゲームの中では、ダントツに良いんじゃないですかね!

面倒なミニゲームもないし、こういうアプリはすごく好感持てます。

変な広告もほとんどないですし、ストーリー展開も上手いんで、ちょっと全クリしてみようと思います。

サスペンス映画とか好きな方は、多分ハマると思うので暇つぶしにどうぞ!

ではでは☆

彼女は最後にそう言った:iOS版/Android版

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)