デスピサロの評価・ステータス【DQMSL】


entrytopimage3

こんにちは!YASUです!

ドラクエ4で登場したラスボスで、魔剣士ピサロが進化の秘法を使った末のモンスターが「デスピサロ」です。

そんなラスボスが、スーパーライトではどのような強さになっているのか気になるところです。

今回は、そんなデスピサロの評価やステータスについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

デスピサロの評価

deathpisaro-hyoka

魔剣士ピサロが、進化の秘法を使って変身した姿で、体のパーツが少しエスタークと似ていますね。

リーダー特性は「全MP15%アップ」ということで、呪文パではリーダーとして十分な活躍をしてくれます。

特性は「AI2回行動」のみで、若干の寂しさはあるものの攻撃力の高さと相性の良い特性となっています。

ステータス面では、賢さが致命的に低いという欠点があるもののそれ以外のステータスは上々で、MPの低さはリーダー特性で上げることができるのでカバーできます。

気になる耐性については、デインが弱点という致命的な面があり、ヒャド・ギラ・バギは等倍ダメージという穴の目立つものに。

しかし、転生で生まれ変わるのでこのまま使う予定ではないのなら気にすることもないかと。

とくぎ

特技には「いてつく眼光」と「はげしい炎」の2つを覚えます。

いてつく眼光に関しては、敵1体の状態変化を解くという技で、究極転生への道やイベントクエストなど、幅広く活躍します。

最近、ちいさなメダル交換所にてこの特技持ちの超マスタマが出ましたが、それでも以前として貴重な特技には変わりありません。

はげしい炎に関しては単なる枠潰し要因でしかないので、全く使えない特技となっています。

ただし、その分究極転生時の特技の幅が出るということで、むしろプラスだと考えることもできます。

スポンサーリンク

おすすめとくぎ

おすすめの特技としては、攻撃力の高さを活かした斬撃系がおすすめです。

攻撃特技が消費の激しい「はげしい炎」しかないので、使いやすさを出すなら「こんしん斬り」などの無属性斬撃あたりが欲しいところです。

もしくは、「ふうじん斬り」などの属性単体斬撃もありです。

究極転生への道に連れていくのであれば「ライデイン」と「ベホイミ」の組み合わせをおすすめします。

賢さは致命的に低いですが、呪文連携と安定感を出すためのベホイミで、究極転生がより安定して回れるようになります。

しかし、もしも転生をさせれる状態というのであれば、特技など覚えさせずに究極転生させることをおすすめします。

総合評価

攻撃力が高く貴重なとくぎを覚えたモンスターではあるものの、このままでは使いづらいというのが正直な印象です。

しかし、デスピサロの真価は究極転生後の「魔剣士ピサロ」にあるので、この段階での評価は気にすることはありません。

転生後には頭ひとつ抜けて強くなるので、デスピサロのままの見た目が好きということでなければ、いち早く転生させることをおすすめします。

デスピサロとは全く違った次元のモンスターになりますよ。

まとめ

いてつく眼光のおかげで、究極転生への道を楽にしてくれる貴重な1体です。

現段階では飛び抜けて強いというものではありませんが、転生後の「魔剣士ピサロ」では全く違ったステータスのモンスターになりますよ。

転生後はさらに活躍してくれるので、引き当てたという方は超ラッキーですね!

究極転生先の魔剣士ピサロについてはこちらで紹介しています。

魔剣士ピサロの評価・ステータス【DQMSL】

ハンターの皆さんへ

3でラスボスだったアマツも復活してるみたいですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)