じごくのきしの評価・ステータス【DQMSL】


entrytopimage3

こんにちは!YASUです!

みんな大好きソードイドの転生前といえば「じごくのきし」ですよね。

SSの中でも当たりと言われているソードイドですが、果たして転生前も強いのか?

今回は、そんなじごくのきしの評価やステータスについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

じごくのきしの評価

jigokunokishi-hyoka

リーダー特性は「攻撃10%アップ」ということで、物理パのリーダー向きですね。

特性は「AI1〜2回行動」で、転生後のソードイドとは打って変わって良くはありません。

耐性面ではメラ・マホトーン・マヌーサが弱点で、物理モンスターとしてはマヌーサが厳しいです。

ステータス面では攻撃力が高いものの、それ以外のステータスがてんでダメです。

とくぎ

特技には「やけつく息」と「れんごく斬り」の2つを覚えます。

やけつく息は敵全体に確立でマヒのブレスです。しかし、ダメージが入らないため若干使いづらくなっています。

れんごく斬りに関しては、じごくのきしとの相性も良く、弱点を突くことで大ダメージも期待できるので良特技です。

やけつく息さえ決まれば、かなり戦いを有利にすすめることができますよ!

スポンサーリンク

おすすめとくぎ

ステータスを活かすなら「こんしん斬り」と「らいじん斬り」がおすすめです。

どちらも物理アタッカーのじごくのきしと相性が良いので、よりじごくのきしを活かすことができます。

ただし、何といってもじごくのきしの真価は転生後のソードイドにあるので、下手にたまごを使わないのがベストかと。

総合評価

ソードイドの強さと比べると、いかに不遇の時代があったかがわかるかと思います。

究極転生であそこまで強くなるモンスターも珍しいので、じごくのきしは大切に育てたいですね。

とにかく真価は究極転生後なので、手に入れたら一直線にそこを目指しましょう!

きっと心強い1体になってくれますよ。

まとめ

ソードイドが良すぎるだけに、なかなか見劣りしてしまいますが、良SSの素ですからね。

全然問題無しなので、引けた場合は当たりだと喜んでいいモンスターですよ!

究極転生先のソードイドについてはこちらで紹介しています。

ソードイドの評価・ステータス【DQMSL】

ハンターの皆さんへ

3でラスボスだったアマツも復活してるみたいですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)