シドーの評価・ステータス【DQMSL】


entrytopimage3

こんにちは!YASUです!

ドラクエ2のラスボスで、スーパライトではハーゴンの究極転生後のモンスターが「シドー」です。

新とくぎを2つも持って、鮮烈な登場をしたSSランクのモンスターですが、果たして今でもその強さは健在なのか気になるところですよね。

今回は、そんなシドーの評価やステータを紹介したいと思います。

転生前のハーゴンについてはこちらで紹介しています。

ハーゴンの評価・ステータス【DQMSL】

スポンサーリンク

シドーの評価

shido-hyoka

破壊神としてハーゴンに召喚されたモンスターで、人気の高い歴代ボスモンスターの1体です。

リーダー特性は「全系統呪文会心率15%アップ」で転生前から5%アップし、以前よりも会心率が上がった為使いやすくなりました。

また、特性には「AI2回行動」と「呪文会心出やすい」の2つを覚えます。

AI2回行動は攻撃力が低いので期待できませんが、新たに増えた呪文会心出やすいは使える特性です。

リーダー特性と合わせて高い確率で呪文会心を出せれば、弱点を突いたモンスターに大ダメージを与えることが可能になるので、ボス戦などは有利に戦えます。

耐性面においては、ヒャドが無効にアップしましたが、息封じに弱いが付いてしまったのが痛手です。

ただし、ステータス面においてはかなり優秀で、高いMPと防御力で粘り強い呪文アタッカーとして活躍してくれます。

とくぎ

とくぎは「かがやく息」と「ドルモーア」の2つを覚えます。

かがやく息は敵全体にヒャド系の最大息ダメージということで、闘技場で活躍するとくぎとなっています。

消費MPが大きいので、クエスト向きではありませんが、闘技場では脅威になる技です。

もう1つのドルモーアについては、ドルマ系の特大ダメージを与え消費MPも33と少なく使いやすいとくぎの1つです。

究極転生では、ヘルコンドルやサソリアーマーを倒すのに大活躍するので、パーティにいるだけでとても楽になりますよ。

スポンサーリンク

おすすめとくぎ

用途に関係なく使えるとくぎである「ぶきみな光」は、ハーゴンから引き継がせるのがおすすめです。

むしろ、シドーやハーゴンはぶきみな光要員としての価値が高いので、消すことはかなりもったいないです。

なので、1枠はぶきみな光を固定で考えて良いと思います。

残る1枠は、攻撃力の低さとMPの高さ、さらに特性を考えるとやはり呪文がおすすめです。

ドルモーアを持っているので、対応力の高さを出すなら「ライデイン」が安定します。

どんなクエストもこなす器用な1体として、パーティの戦力アップに一役買ってくれますよ。

総合評価

高い防御力と豊富なMPで、優秀な呪文アタッカーとして活躍してくれるモンスターです。

転生前に比べて賢さこそ下がりましたが、強力なドルモーアを覚えたのでさらに使えるようにもなりましたし。

とにかく豊富なMPがあるので、呪文を撃ちまくってもなかなかMPが無くならず、究極へ連れていくとかなり重宝します。

闘技場でも、ブレスクラッシュさえ喰らわなければかがやく息で活躍できますし、どちらにしても強力な1体には変わりありません。

引けたら大喜びなモンスターですね。

まとめ

古株とはいえ、それでもまだまだ活躍の場はあるモンスターです。

魔法耐性を下げてからの、強力な攻撃呪文のコンボはかなり強くて使えます。

もしSSSランクが実装されれば「ジェノシドー」という可能性も残っていますし、下火になったとしても再燃の可能性が十分残されている1体です。

引けたら手を上げて喜んでいいと思いますよ!

転生前のハーゴンについてはこちらで紹介しています。

ハーゴンの評価・ステータス【DQMSL】

ハンターの皆さんへ

3でラスボスだったアマツも復活してるみたいですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)